南信州について南信州について

エリア情報エリア情報

南信州エリア

長野県南部の飯田市を中央に

1市3町10村からなる地域(飯田下伊那地方)がみなみ信州です。

人口約16万人、長野県総面積の約1/7を占める広さです。

南北に流れる天竜川、東西にふたつのアルプス、

標高400mから1000mの高低差と豊かな自然に恵まれ、

きれいな空気・おいしい水が癒しの空間をつくっています。

南信州エリア
私たちのこと

私たちのこと-JAみなみ信州

人々の暮らしや価値観が多様性を帯びています。

JAみなみ信州では、人々が安心できる生活の創造と、

豊かな自然環境の保護のために、地域社会に根ざし、

幅広い事業展開ときめ細やかなサービスを提供しています。

地域に暮らすあらゆる方々と対話を重ねながら、

「食」と「農」を通じて

「生きがい」と「しあわせ」を追求していきます。

エリア情報JAみなみ信州の果物

北と南のくだものが交わる土地

気候条件や標高差に富む地形によって

多様な温度環境と日照時間のエリアが散在する南信州では

北国育ちの果物と南国育ちの果物それぞれの

栽培限界線が横切る場所でもあります。

そのため、古くから多様な果物の栽培が盛んに行われています。

例えば、JAみなみ信州で取り扱っている主な果物は

桃、梨、りんご、ぶどう、梅の5種類ですが、それぞれの品種は

桃5品種、梨4品種、りんご4品種、ぶどう4品種、梅1品種と

合計18品種となります。

南信州は「日本を代表するフルーツの一大産地」なのです。

JAみなみ信州の果物 JAみなみ信州の果物
【太鼓判】南水・蓋あり 【太鼓判】農協桃

太鼓判ブランド

JAみなみ信州の、果物の内部品質保証マークが「太鼓判」。

太鼓判マークのついた果物は

外観にも優れた高糖度な美味しい果実です。

JAみなみ信州では、農家で丹精込めて作られた果実を

一果ごとに光センサーで測定。

桃・梨・りんごの各果実それぞれに糖度基準を定めており、

糖度と熟度が基準を満たした果実だけを

「太鼓判」としてお届けしております。

※ 糖度の高い順から「太鼓判」>「優糖生」と選別されていきます。

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る
2018年11月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2018年12月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

※赤字は休業日です